よくあるご質問

基本事項

  • QAdobe Acrobat はどのような製品ですか。

    Acrobat は、最新バージョンの Acrobat サブスクリプションソフトウェアです。アドビが提供する最もモバイルで生産的な、コラボレーション型 PDF ソリューションです。Acrobat には Acrobat デスクトップソフトウェア、高度なモバイル機能を備えた Acrobat Reader モバイルアプリケーション、および高度な Adobe Document Cloud サービスが含まれており、どこにいても、どのデバイスからでも生産性を落とさずに作業をおこなうことができます。

    Acrobat で可能な処理のほんの一例を次に示します。

    • 外出先でも高い生産性を維持:Acrobat Reader モバイルアプリケーションおよびプレミアムオンラインサービスの高度なモバイル機能を使用して、外出先でも PDF を様々に利用できます。PDF の作成、編集、書き出し、整理、共有、署名などの作業で必要になる PDF ツールを、コンピューター、ブラウザー、モバイルデバイスなど多様な環境から容易に使用できるので、あるデバイスで開始した作業の続きを別のデバイスで再開することも可能です。
    • PDF テキストと画像の編集:使い慣れたポイント&クリックインターフェイスによって、Acrobat 内で PDF 文書を直感的に編集できます。また、Acrobat Pro サブスクリプションに登録して、iPad または Android タブレットからテキストや画像を編集することもできます。
    • スキャンした文書を編集:モバイルデバイスのカメラで紙の文書の写真を撮り、デスクトップで編集可能な PDF に変換できます。自動的なフォントマッチにより、新たに編集した部分も周囲に自然になじみます。
    • 保護された PDF の作成:Acrobat または一般的な Microsoft Office アプリケーションから高品質な PDF ファイルを作成できます。機密情報のコピー、編集、印刷を防ぐために制限を適用することができます。
    • PDF の Office への書き出し:フォント、書式設定、レイアウトを保持しつつ、PDF を Word、Excel または PowerPoint 形式に変換できます。
    • Dropbox、Box、Google Drive、OneDrive との連携:Acrobat で作業しながら、Dropbox、Box、Google Box または Microsoft OneDrive のアカウントでファイルへのアクセスや、ファイルの編集、共有、保存ができます。
    • どこでも文書に署名:外出先などでも、優れた自動入力機能を使用してフォームの入力や署名、送信をすぐにおこなうことができます。
    • 機密情報を削除:テキスト、画像、さらにはメタデータも検索して完全に削除することができます。
  • Q以前のバージョンの Acrobat を所有しているのですが、Acrobat サブスクリプションに移行すべき理由を教えてください。

    Acrobat 永続ライセンス版からアップグレードすべき理由は次のとおりです。

    • Adobe Document Cloud サービスを使用して、必要な PDF タスクをオンラインやモバイルデバイスで完了できます。
    • Adobe Document Cloud を使用すれば、いつでもどのデバイスからでも文書に接続し、多くの作業を PDF で実行することができます。
    • デスクトップ、モバイルデバイスまたはブラウザーからファイルを作成、変換、共有および署名できます。
    • 新しい Document Cloud レビューサービスで文書のレビューを簡素化し、迅速におこなえるようにできます。1 つのリンクを送信して、オンライン上で 1 つの PDF ファイルに対する全員のコメントを収集し、進行状況を常に把握できるようにします。
    • アクションが必要な文書を表示できるようにします。新しいホームビューの To Do カードは、表示、レビュー、または署名が必要な文書の一覧とともに、タスクについての詳細な情報を提供できます。
    • 自分と共有された、または自分が共有した文書に対するリクエストやアクションを通知する新しい通知ベル機能を使用すると、文書へのアクションに関する通知を受け取ることができます。
    • ホームビューでは署名用に送信された文書のステータスを表示およびトラックしたり、リマインダーを送信したり、リクエストをキャンセルしたりなどの操作をおこなうことができます。
    • Surface Pro などの最新のタッチ対応 Windows デバイスでの生産性を上げることができます。MacBook Pro コンピューターでタッチバーを使用して、作業の効率を上げることができます。
    • 新しい Adobe Sensei を利用したフォームフィールド検出機能で、フォームにすばやく入力および署名し、編集された場合は無効となる、ロックされたコピーを共有することができます。
    • 100 GB のオンラインストレージにファイルをオンラインで安全に保存し、アクセスできます。
    • まったく新しい Compare Files ツールによって、2 つの PDF ファイルの差異を迅速かつ正確に検出できます。
    • 複数の PDF を 1 つのウィンドウで開き、新しい複数タブ表示を使用してすばやく作業をおこなえます。
    • PDF を編集ツールで、新しい番号付きリストや箇条書きを作成できます。
    • 新しい「スキャナーから PDF を作成」ワークフローによって、最適なスキャンオプションを簡単に選択し、最適な結果を得ることができます。
    • 更新された証明書ツールにより、以前よりも簡単に文書の電子サイン、証明、検証をおこなえます。
    • 機能強化されたツール検索により、特定の作業に必要なツールをすばやく見つけることができます。
    • Mac で SharePoint ベースの共有レビューを開始し、迅速にフィードバックをやり取りできます。

    Acrobat XI からアップグレードすべき理由としては、上記に加えて、さらに以下の点が挙げられます。

    • スキャンした紙の文書を編集可能な PDF に簡単に変換できます。
    • ページ全体での段落の折り返しや容易な箇条書きの更新によって、PDF をすばやく編集できます。
    • PDF を Word、Excel または PowerPoint に書き出して、箇条書きや表を見やすくすることができます。
    • 優れた自動入力機能を使用して、フォームへの入力や署名、フォームの送信をどこにいてもすぐにおこなうことができます。
    • スペルチェックを使用して、PDF 内の入力ミスを特定および修正できます。
    • 紙の文書の写真を自動的に切り抜き、修正できます。
    • 横に並べて表示できる機能を使用して、エラーの可能性があるテキスト認識を修正できます。

    モバイルと Web では、次のことも可能です。

    • 追加料金なしで、新機能やアップグレードを継続的にアクセスできます。
    • 新しい Acrobat Reader モバイルアプリケーションを使用して、PDF の作成、編集および署名をおこなうことができます。
    • iOS または Android タブレットから PDF のテキストや画像を編集できます。
    • iOS または Android のタブレットやスマートフォンから PDF ファイルのページを整理できます。
    • モバイルデバイスのカメラをポータブルスキャナーとして使用できます。
    • 他のユーザーの署名を取得したり、返答をトラックしたり、署名された文書をアーカイブしたりできます。
    • PDF へのリンクを共有したり、重要なドキュメントの受信履歴を管理したり確認したりすることができます。
    • ファイルをオンラインで安全に保存し、アクセスできます。

    Acrobat の以前のバージョンとの相違点について詳しくは、Acrobat のバージョン比較を参照してください。

  • QAdobe Acrobat ソフトウェアファミリーはどのような製品で構成されていますか。

    Adobe Acrobat には、デスクトップ製品、モバイルアプリケーション(無料)および Adobe Document Cloud を通じて利用可能なオンラインサービスが含まれています。

    Windows 向けデスクトップ製品:

    Mac OS 向けデスクトップ製品:

    モバイル版アプリ:

    Web アプリ:

  • Q最適な Acrobat 製品を選ぶにはどうすればよいですか。

    Acrobat の製品比較を参照してください。お客様に最適な Adobe Acrobat の購入方法が見つかります。

  • QAcrobat に登録すると、どのようなメリットがありますか。

    Acrobat Pro または Acrobat Standard に登録すると、お手頃な月額で次のサービスをご利用いただけます。

    • 追加料金なしで、Acrobat Pro または Acrobat Standard デスクトップソフトウェアの新機能やアップグレードを継続的にアクセスできます。
    • Acrobat Reader モバイルアプリケーションおよびプレミアムオンラインサービスの高度なモバイル機能を使用して、外出先でも PDF を様々に利用できる Adobe Document Cloud サービスをご利用いただけます。
  • QAcrobat に登録しています。最近追加された新機能について教えてください。

    新機能および拡張機能は、通常、四半期ごとにリリースされます。これまでの追加機能を確認するには、Acrobat の新機能の概要を参照してください。

  • QIT 部門が企業規模の導入をおこなうときに利用できるツールはありますか。

    はい。企業における導入を効率化し、IT コストを管理するための Acrobat の様々なツールおよびユーティリティを用意しています。詳しくは、IT 担当者向けリソースのページを参照してください。

  • QAdobe Document Cloud モバイルアプリケーションの導入オプションは提供されていますか。

    はい。アドビは最先端のエンタープライズモビリティ管理(EMM)プラットフォームと連携して、企業が Adobe Document Cloud モバイルアプリケーションを安全に管理および配布できるようにしています。

Adobe Document Cloud サービス

  • QAcrobat で Adobe Document Cloud サービスを使用すると、どのようなことができますか。

    Document Cloud サービスを使用すると、Web ブラウザーやモバイルデバイスで次の重要な PDF タスクを実行できます。

    • PDF の作成 - 文書、画像、写真を PDF ファイルに変換できます(Web およびモバイル)
    • PDF の書き出し - 編集可能な Microsoft Word、Excel、PowerPoint または RTF ファイルに PDF を変換できます(Web およびモバイル)
    • Edit PDF:PDF でテキストや画像を追加または編集できます(Acrobat Pro を購読している場合のみ、iPad および Android タブレットで可能)。
    • PDF の整理 - PDF のページの順序の変更、削除または回転(Acrobat Pro のサブスクリプションを使用している場合のみ、Web およびモバイルで可能)
    • PDF の結合 - 複数のファイルを単一の PDF に結合できます(Web のみ)。
    • レビュー用に送信 - 1 つのリンクが記載された 1 件の電子メールを必要な人数のレビュー者に送信します。1 つのオンラインファイルで全員のフィードバックをトラックします(このサービスはデスクトップ、Web、およびモバイルの機能をサポートしています)。
    • PDF の共有:文書の送信、トラック、受領確認を、FAX や翌日配達サービスを使わずとも電子的に実行できます(このサービスは、デスクトップ、Web、モバイルの機能をサポートしています)。
    • 署名用に送信 - 文書を署名用に送信し、その後のトラック、管理、保存をオンラインで実行できます(このサービスは、デスクトップ、Web、モバイルの機能をサポートしています)。
    • 入力と署名 - 個人用の自動入力候補の一覧にすばやくアクセスして、フォームの入力と電子サインを迅速に済ませることができます(このサービスは、デスクトップ、Web、モバイルの機能をサポートしています)。
    • ドキュメントをオンラインで追跡、管理、および保存します。
    • Adobe Document Cloud ストレージ:最大100 GB のストレージを使用して、オンラインでファイルを保存し、これにアクセスできます。
  • QAcrobat を購入した場合、Adobe Document Cloud サービスとの連携が必要ですか。

    いいえ。Acrobat デスクトップソフトウェアは単体で使用できます。Adobe Document Cloud サービスを利用しなくてもかまいません。

  • QAcrobat を使用するにはオンラインの環境が必要ですか。

    初めて Acrobat デスクトップソフトウェアを起動する場合は、ライセンス認証をおこなうためにインターネットに接続する必要があります。それ以降は、オフラインでの作業が可能です。サブスクリプションを購入した場合は、クレデンシャルの確認のために、定期的に(月々プランの場合は 30 日ごと、年間プランの場合は 99 日ごと)ログインするよう求められます。Adobe Sign で電子サイン用に文書を送信して他のユーザーと PDF を共有するには、オンライン接続が必要です。

  • Qクラウドでのソフトウェアの実行が会社で禁止されていますが、Acrobat を使用する必要があります。どうすればよいですか。

    Acrobat デスクトップソフトウェアはクラウドで実行するのではなく、ローカルにインストールされ、デスクトップで実行できます。また、Document Cloud サービスに接続して、豊富な機能を利用することもできます。ただし、クラウドに接続するソフトウェアの使用が会社で禁止されている場合は、御社の IT 管理者にご相談ください。Acrobat の設定をカスタマイズして、クラウドサービスへのアクセスを削除できます。詳しくは、IT 担当者向けリソースを参照してください。

  • QAdobe Document Cloud は安全ですか。

    はい。アドビでは、お客様のデジタル体験でのセキュリティ保護を最優先しています。業界標準のセキュリティへの対応は、社内文化やソフトウェア開発、さらにサービス運用プロセスに深く浸透しています。ID 管理、データの機密性または文書の整合性に関しても、Adobe Document Cloud はお客様の文書、データ、個人を特定する情報を保護するための業界標準のセキュリティ対策を実装しています。アドビのセキュリティへの対応「Adobe Secure Product Lifecycle」または Adobe Document Cloud ソリューションのセキュリティについて詳しくは、http://www.adobe.com/jp/security.html を参照してください。

システナサービス資料、Adobeサービス資料は
こちらからダウンロードできます。

見積依頼は
こちらから

ビジネスソリューション事業本部
ソリューション推進部 アドビ担当※平日9:00~18:00
電話でのお問合せ
03-6327-7180