2022年 6月6日 に 終了します

Acrobat、Acrobat Readerでは、リリース日より5年間のサポート が提供されます。
サポート終了後は、テクニカルサポートや、セキュリティアップデートの提供がされません。

サポートが終了した
ソフトウェア を
使い続けると

  • 予防接種を受けられない

    脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティパッチが提供されず、無防備で危険な状態に

  • 攻撃者の標的にされる

    攻撃者の標的となり、不正なプログラムを詰め込んだファイルを送られ、開いてしまう可能性もある

  • ウイルス感染、そして拡大

    不正なファイルなどからウイルスに感染したPCを介して、社内や取引先のPCも悪影響を与えることも

今後もAcrobat およびPDFを安心してお使いいただくためにサブスクリプション版へアップグレードすることを強くお勧めします。
サポート終了について詳しくはこちらをご確認ください。
ご購入のお客様の 80% 以上が選ぶ!
サブスクリプションなら、永続にはない様々な
メリットがあります
  • 常に最新機能が使える
    ご利用期間中は最新のバージョンの機能とテクニカルサポートを追加コストと不要でご利用いただけます。また、セキュリティ修正プログラムのアップデートを適用し常に安全な環境を維持できます。
  • テレワークやBCPにも有効
    追加費用なしで最大2台までのPCで使用可能。会社と自宅のPC(テレワーク)でも利用でき、ライセンス違反のリスクもありません。災害やシステム障害時でも業務を継続できるBCP対策にも有効となります。
  • モバイル版アプリ
    デスクトップで行っていた作業を、モバイルデバイスで継続できます。ファイルはクラウド上で同期しているため、どの環境からでも常に最新のファイルにアクセスすることが可能です。
  • オンラインサービス
    Acrobatオンラインサービスを利用すると、PDFの作成、編集、整理、共有、レビューなどの操作を、Webブラウザー上で行うことができます。デバイスにアプリがインストールされていないときにも便利です。
  • ストレージアカウントの連携
    Acrobat DC のインターフェイスからbox、Googleドライブ、Microsoft OneDriveまたはSharePointアカウントのファイルに直接アクセスし、デバイスまたはユーザー間で簡単に共有できます。
  • レビュー電子サインをスマートに
    複数人でドキュメントとコメントをリアルタイムに共有できる「共有レビュー」や、どこにいても簡単に著名が行える「Adobe SIgn(電子サイン)」など、業務を効率化する機能が充実しています。

Acrobat 永続版の次期リリースは未定です

サブスクリプションの プラン機能詳細 に関してはこちらをご確認ください。

Adobe製品 サポート期間 早見表

Acrobat製品

CLPプログラムでのAcrobat の提供は2020年9月3日をもって終了しました

タイプ 製品名 バージョン 公開 サポート終了
最新サブスクリプション Acrobat Pro/ Std DC 常に最新 常に最新 常に最新
永続ライセンス Acrobat Pro/ Std 2020 2020 2020年6月1日 2020年6月1日
Acrobat Pro/ Std 2017 2017 2017年6月6日 2017年6月6日
Acrobat Pro/ Std 2015 2015 2015年4月7日 2015年4月7日

サポート期限を迎えた製品をお持ちの場合は ご相談ください。

資料請求/見積依頼も
こちらから

ビジネスソリューション事業本部
ソリューション推進部 アドビ担当※平日9:00~18:00
電話でのお問合せ
03-6327-7180