Adobe Sign の特徴

Adobe Sign でできること

実際の印鑑ではなくデジタルの印鑑でも契約書を作成することが可能。
メールアドレスとブラウザがあれば、即導入でき
ペーパーレスへの取り組みやテレワークの後押しにお役立ていただけます。
今まで契約にかかっていた工数も大幅に削減することができます。

契約書への署名、捺印

署名者はリンクをクリックし、ブラウザーですぐに署名、捺印ができます。コンピューターやモバイルデバイスなど、どこにいても作業でき、ダウンロードやサインアップは必要ありません。

書類の送信

文書をアップロードし、署名者の電子メールアドレスを入力して「送信」を押すだけで完了です。

処理状況のトラッキングと管理

送信済み、署名待ち、署名待済などすべての署名のステータスを把握できるほか、リマインダーの送信、依頼の取り消し、トランザクションに対する詳細な監査証跡の表示が可能です。また、文書検索により必要な書類を簡単に探すことができます。

Adobe Sign
法的に有効な電子署名です

Adobe Signは、幅広い法的要件に準拠し、コンプライアンスを担保する
世界で最も信頼されている電子サインソリューションです。

systena

本人性の確認

文書のリンクが記載された電子メールを署名者のアドレスに送信し、認証することで署名プロセスは安全な方法でトラックされ、監査証跡が記録されます。また文書が署名者によって開かれる前に、パスワード、電話による認証、公的身分証明書などの認証方法を使って署名者の真正性を検証します。

systena

非改ざん性

処理が完了した文書にはアドビによる証明と改ざん防止の封印が施され、すべての関係者宛てにコピーが送付されます。電子署名が使用された場合は文書内の署名は暗号化されます。また、操作の手順はすべて記録され、監査証跡に保存されるので改ざんの心配はありません。

どのデバイスでもどこにいても
お使いいただけます

Adobe SignはPC、スマホ、タブレット
すべてのデバイスに対応しています。
オフィスや自宅はもちろん、
出張や外出が多くても、
出先から署名用文書を送信し、
業務を進めることができます。

スマートフォンやタブレットでも
スムーズに業務を行えるよう
モバイル版アプリもご用意しています。

Adobe Sign 導入のメリット

業務効率化

PCやモバイルデバイスがあれば
どこにいても署名ができる。

コスト削減

印紙代、郵送や印刷コストを削減でき、
書類の保管スペースも不要になる。

プロセスの可視化

署名プロセスをクラウドで追跡し、
リアルタイムに確認できる。

法的に有効

電子署名法における 「本人性の確認」 と
「非改ざん性の確保」 の法的要件を担保。

BCP対策にも有効

どこでも署名でき、クラウド上に保管
されるため、BCP対策にも有効。

既存システムとの連携

API公開しているため、既存のシステムに
Adobe Sign の機能を追加・統合できる。

Adobe Sign 導入の活用例

営業部門

顧客との売買契約の取り交わし

取引開始前の契約書取り交わしに掛かる煩雑な作業(印刷、製本、封入、郵送)が双方で必要なため、締結までに多くの時間とコストが掛かっている。

印刷、製本、封入、郵送が不要になり、自社だけでなく取引先の工数削減と取引開始までの時間とコストの削減にも繋がります!

人事部門

内定者との採用通知書のやりとり

「必要な書類が足りない」「記入漏れがある」といった契約書の不備による手戻りなど、契約書絡みの業務で夜中まで残業するのが当たり前。

入力項目の制限や、必須項目の入力を促すことができると共に、社内DBに連携して必要情報を自動反映することも可能。手戻りを大幅に削減できます!

購買部門

取引先との購買契約の取り交わし

取引先が多く契約に伴う作業が煩雑なうえ、多額の印紙代が掛かっている。

電子契約では収入印紙が不要。自社も取引先も収入印紙が不要になるので、双方で印紙代の削減といったメリットがあります!

お問合せ
資料請求/見積依頼もこちらから

お電話でのお問合せは、
ビジネスソリューション事業本部 ソリューション推進部 アドビ担当
03-6327-7180
(受付時間:平日9:00~18:00)